診療のご案内

診療科目・時間

内科・循環器内科

診療時間 日祝
午前診
9:00〜12:00
午後診
15:00〜18:00
休診日
木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

初めて受診される方へ

  • 保険証

    健康保険証を忘れずに
    お持ちください。

  • お薬手帳

    お薬手帳紹介状、
    各種受給者証
    をお持ちの方は
    ご持参ください。

  • 検査結果

    他の医療機関や検診などの
    検査結果
    をお持ちの方は
    できるだけご持参ください。

  • 問診票

    問診票をダウンロード
    できるようにしました。ご記入の上、
    来院時にお持ちください。

    必要な方は自宅でゆっくり書いて頂けるよう、問診票をダウンロードできるようにしました。
    ご記入の上、来院時にお持ちください。
    診察当日に受付でお渡しすることも可能です。

    問診票ダウンロード

再診の方へ

診察券

診察券をお持ちください。

健康保険証

健康保険証
毎月確認させていただきます。
その月に初めて来院される際は
必ずご持参ください。

ご予約について

予約は不要です。
原則来院された順番に診察しています。
病状や検査・処置の内容により順番が前後する場合があります。 ご了承ください。

薬局・処方について

基本的に院外処方となっております。
他院で処方されたお薬との重複や飲み合わせの確認のため、
薬の相談が行えるかかりつけ薬局を持つ事を
おすすめいたします。

専門領域である心臓病や生活習慣病はもちろん、
風邪や発熱などの一般的な病気も含めて幅広く診療し、かかりつけ医として、
来院頂いた皆様を末長く大切に
させて頂きます。

  • 命に関わる緊急性を要する病気に対しても初期対応が可能です。
  • 中学生以上を対象に診察を行っております。

主な検査設備

  • レントゲン検査(デジタルX線装置)
  • 心電図検査
  • 動脈硬化検査(ABI/CAVI)
  • ホルター心電図検査
  • 心エコー検査
  • 頸動脈超音波検査
  • 血液検査
  • 肺機能検査(スパイロメータ)
  • マイクロCOモニター
  • レントゲン検査(デジタルX線装置)

    レントゲン検査(デジタルX線装置)

    フラットパネルディテクターという最新の設備で撮影することで、短時間で明瞭な画像にて診断が可能です。従来よりも撮影時の被ばく量が低減できます。

  • 心電図検査

    心電図検査

    最も基本的な心臓の検査で、心筋梗塞や不整脈など様々な病気がわかります。胸の痛みや動悸がある方はもちろん、症状がなくても心臓の病気や糖尿病など生活習慣病をお持ちの方は、定期的に検査することをおすすめします。検査時間は数分で、痛みはありません。

  • 動脈硬化検査(ABI/CAVI)

    動脈硬化検査(ABI/CAVI)

    手足の血圧を同時に測定し、手足の動脈に狭い場所や詰まりがないかを調べます。また動脈の硬さ(血管年齢)も測定できます。歩くと足が痛くなる方(間欠性跛行)、また生活習慣病をお持ちの方やタバコを吸われる方におすすめします。検査時間は約5分です。

  • ホルター心電図検査

    ホルター心電図検査

    一時的な動悸や胸の痛みの原因を調べるため、携帯用の小型心電計を用いて24時間かけて心臓の状態を記録します。入浴以外は普段通り生活できます。当院にて装着し、翌日返却して頂きます。

  • 心エコー検査

    心エコー検査

    超音波装置を用いて、心臓の形や動き、血液の流れを調べる検査です。聴診で心臓の雑音が聞こえる方(弁膜症)、息苦しさや足のむくみがある方(心不全)、胸が痛い方(狭心症や心筋梗塞)、動悸がある方(不整脈の原因)、また健康診断で心電図の異常を指摘された方などにおすすめします。検査時間は10〜20分です。

  • 頸動脈超音波検査

    頸動脈超音波検査

    首の血管は、全身の血管の中でも体の表面から近いため超音波で容易に見ることができます。頸動脈を詳しく観察することで、全身の動脈硬化の程度を把握することができます。

  • 血液検査

    血液検査

    全血球計算(貧血や感染症など)、CRP(炎症の強さ)、血糖値、PT-INR(ワルファリン内服中の凝固検査)、トロポニン(不安定狭心症や心筋梗塞)は院内で、数分で結果が出ます。それ以外の検査は外部の検査機関で行いますので、翌〜数日後に結果が出ます。

  • 肺機能検査(スパイロメータ)

    肺機能検査(スパイロメータ)

    肺の病気が疑われるときや、その状態をみるための検査です。息を吸ったり吐いたりして、肺に出入りする空気の量や速度の測定などを行い、肺の機能を調べます。息切れがする人、咳や痰が続く人、タバコを吸う人にお勧めします。

  • マイクロCOモニター

    マイクロCOモニター

    タバコの煙に含まれる有毒物質の一つである一酸化炭素を、どれくらい体が取り込んでいるかを測定するガス分析装置です。禁煙外来で使用します。